PAF

アラキドン酸とビタミンEの関係

アラキドン酸は脳機能の活性化や心身の成長・記憶力・学習力などの向上、お肌への潤いと若々しさのアップと言うように、お肌と体の健康のためになくてはならない必須脂肪酸の1つなのですが、一方でアレルギー諸症状の悪化や酸化による健康不安、気管支ぜんそく発症といった健康被害をも引き起こしてしまう一面を持っています。
国際合同食品規格委員会(FAO・WHO)では、アラキドン酸やリノール酸を含む必須脂肪酸を、総エネルギー量の最低4%を積極的に摂取するように勧めているものの、実際には基準を満たしているとは言えません。
なぜなら生活習慣病や各種成人病を増加させる張本人であるとの指摘があるためです。

加齢と共に肉類を食べなくなるというのも、アラキドン酸が体内で不足していく要因となっています。
実は微量ながら肝臓を含む一部の内臓でも生成されているのですが、十分な量を補給するには食事から摂取するしかないのです。
デメリット面も考慮して、ビタミンEを並行して摂取すれば、活性化酸素発生に起因する酸化や内脂肪の低下および血流促進など、アラキドン酸の欠点をカバーできる事になります。
ビタミン群もまた必須栄養素の一部ですが、青野菜や豚肉などにビタミン群が豊富に含まれているので、魚介類・肉類・野菜類などをもバランスよく体内に取入れていけば、頭皮の健康促進を始めとする健康増進が、飛躍的に伸びていくのでオススメです。
コレストロールも貯まりにくくなり、血流もスムーズになるのでお肌の血色も良くなります。

特にDHAやEPAとの相性の良さには定評があります。
ちなみにアラキドン酸は細胞膜やミトコンドリア内幕の一部を構成している事も、研究の結果で明らかになっているように、美肌には欠かせない細胞のタウンオーバーを促進させるのと同時に、頭皮の健康とも関わっているとなるとアラキドン酸が人間の体に与える効果の大きさも納得できる事でしょう。
アラキドン酸はサプリメントで摂取するのが一般的になっています。
バランスのよい食生活を長く維持していくためには工夫も必要ですから、早々理想的な食生活を確実に維持していく事ができているという人の方が少ないのではないでしょう。
そうした人たちへ向けた研究の結果、複数の業者で様々なサプリメントが作られているのでお試しください。