PAF

なぜ「アラキドン酸」が注目されているのか?

4人に1人が認知症に苦しむようになるという統計が某医療筋から公開されてから、少しでも認知症発症を遅らせ健やかに老後を過ごすための研究が進められてきました。
この報告の通りなら、ただでさえ少子化が急速に進行しているというのに、輪をかけて介護家族への圧迫が強まるばかりか介護士不足がますます深刻化する事になります。
国家の医療負担金も底をついているとなれば、少しでも長く健やかに老後を過ごすための研究は国家をあげた課題という事になります。
そうした背景から急ピッチで研究が進んでいく中で発見されたのがアラキドン酸です。

知れば知るほどアラキドン酸の優れた機能に感銘を受ける人も多いのではないでしょうか。
しかも普段から食べている肉から摂取できるというのは画期的発見です。
とはいうものの、生活習慣病や成人病およびアトピー性皮膚炎など現代病を発症するケースが急増して、社会問題になった事も現実としてあります。
アラキドン酸がその要因になっているとすると、“まった”をかける人が現れても無理はありません。

さらに高齢者は若い人のように肉を食べませんし100gから抽出できるアラキドン酸はごくわずかです。
そこで注目されたのがサプリメントとして摂取する方法でした。
某大手サプリメント業者がうさぎを媒体にして行った実験で、アラキドン酸の機能は乳幼児にも優れた効果を発揮するとわかりました。
本来母乳からも摂取できるアラキドン酸ですが、様々な諸事情から母乳が出にくい親も実際いますから、そのためには粉ミルクが重要です。

近年アラキドン酸配合の粉ミルクが一般に市販されるようになりましたので、大いに活用していきたいですね。
さらに注目して欲しいのはDHA・EPAと一緒に服用すると記憶力の補強になると言うことも明らかになりました。
これまでアルツハイマーにせよ、認知症にせよ、いつ自分がそうなるかわからないと不安に襲われていた人も明るい未来への展望が築ける事でしょう。