ARALab
オメガ脂肪酸を解説

乳児期に必要なアラキドン酸

妊婦さんは、おなかの赤ちゃんのために、日々食生活には気を遣っていることでしょう。
胎児の成長に良いとされている葉酸を摂取するようにしたり等、普段意識的に摂取していないものまで摂るように心がけているかもしれません。
ここでは、赤ちゃんの乳児期に必要とされる栄養素についてお話ししたいと思います。

乳児に必要な栄養素の一つとして、アラキドン酸が挙げられます。
アラキドン酸は、脳や体の成長にとって欠かせない栄養素です。
必須脂肪酸の種類の中の一つなのですが、免疫力を向上させたり、学習能力を向上させる効果があります。
学習能力の向上といえば、サンマ等の青魚に多く含まれているドコサヘキサエン酸を思い浮かべる方も多いのではないかと思いますが、私たちの脳の中でドコサヘキサエン酸の次に多いのがアラキドン酸なのです。
※アラキドン酸は肉や魚、そして卵に多く含まれています。

アラキドン酸は、ドコサヘキサエン酸と同時に摂取することで、より脳の発達に効果があることがわかってきました。
乳児期に赤ちゃんはお母さんの母乳から栄養分を摂り入れていますから、青魚等をバランスよく食べるようにしておくと良いでしょう。
また、母乳で育てていないお母さんは、粉ミルクの中にもアラキドン酸やドコサヘキサエン酸が入ったものがありますので、成分表示を確認して購入すると良いです。
ヒトの脳の発達は乳幼児期がめざましいので、その時期にしっかりとアラキドン酸を摂っておきましょう。

トップに戻る