ARALab
オメガ脂肪酸を解説

体内のアラキドン酸不足を防ぐ

近年注目を集めているアラキドン酸は、脳はもちろん全身の細胞膜を構成するリン脂質の一種ですが、乳幼児が正常に発育するための重要な役目を持っている他、記憶力や学習能力の向上にも貢献している物質です。
人が人らしく命を維持していくために不可欠な成分である事は医科大学やサプリメントメーカーなどの研究結果からも明らかになっています。
卵や動物、母乳などに含まれているものなので、基本的な食生活を送っていれば自然と摂取できるものです。
とりわけアラキドン酸だけを意識して摂取する必要はありません。

様々な環境や状況によって母乳を十分に出せない母親は、粉ミルクで代用する事ができます。
もともと微量ながら動物たちが体内に持っているものですが、十分な量を保有するにはやはり食事から摂るしかないので、肉類も含めてバランスの良い食生活を送る事が大切です。
アラキドン酸はアトピー性皮膚炎などの炎症を引き起こす性質がある一方で、気持ちを元気に明るくしてくれる作用や、若々しく活力にあふれた生活を送れるようにしてくれる働きも備わっているのです。
自殺やうつ病が深刻な社会問題になっている現代にこそ必要不可欠な存在なのです。

ところが某食品会社の研究では加齢に伴って肉類・魚介類共に摂取が減少傾向にあるという結果を導き出しました。
実際にアラキドン酸カプセルとオリーブ成分カプセルとをそれぞれ一定期間服用する実験の結果、アラキドン酸を服用したグループの方が断然エネルギー・活力共に豊かで若々しさにあふれる精神状態を維持できるという事が明らかになったように、認知症など痴呆症状が出やすい高齢者もアラキドン酸を積極的に摂取すべきなのです。
DHAと一緒に摂取すれば過剰摂取にならずにアラキドン酸を体内に取入れる事ができる事も、研究によって明らかになっています。
もちろんDHAだけでも優れた記憶力向上に繋がる事は以前から言われてきましたが、アラキドン酸を追加する事でうつや低血圧http://www.asgardentertainment.com/などの健康トラブルからも守られるのです。

トップに戻る