ARALab
オメガ脂肪酸を解説

アラキドン酸を多く含むナッツ類

アラキドン酸は主に肉類http://www.neuhardtforcongress.com/gyuuniku.htmlや牛乳・卵といった動物性タンパク質から補給できる物質として知られていますが、実は人間の母乳にも豊富に含まれているのです。
ですから母乳で育った子供は発育が良いという声が多いのは、根拠のある事だという事ができます。
残念ながら母乳の出が悪いという人も、最近の粉ミルクならアラキドン酸を含め豊富な栄養成分が混合されているので、安心して授乳できます。
アラキドン酸はリノール酸を原料にして脳細胞の中で生成される事が、研究結果により明らかになっていますから、直接アラキドン酸を補給できないとしても、リノール酸を豊富に含む食品を上手に食生活に取りこむ事によって、アラキドン酸を無理なく体内に取りこむ事ができます。

さらにリノール酸からリノレン酸が生成されます。
これらのバランス調整をうまくしてくれるのがリノール酸です。
これらは不飽和脂肪酸という仲間であり、必須脂肪酸です。
同じ大きな枠組みに所属していながら、まったく逆の作用をする脂肪酸ですが、一緒に摂取する事によって健康的で若々しい生活を実現できるのですから、積極的に摂取していきたいものです。
これらの脂肪酸はすべて植物油から補給する事ができます。

もちろんアラキドン酸もです。
肉類からしか摂取できないと思いこんでいる人がいたら、良い機会ですからぜひ覚えておきましょう。
ひまわり油・紅花油・コーン油・ピーナッツ油・大豆油・落花生油などからもアラキドン酸を摂取する事ができます。

特に最近注目されるようになったのはナッツ類です。
大豆やピーナッツ類はカロリーが高く栄養成分も豊富である事が知られています。
美肌や活力をフォローしたいと考えている人なら特に大豆製品は欠かせませんし、ピーナッツはお酒のつまみで使われる事もあるほどポピュラーな食べ物です。
ひまわり油や紅花油はサラダ油として台所に一般的に置かれている食材です。
こうしてみると、アラキドン酸はとても身近な存在だという事になります。

トップに戻る