ARALab
オメガ脂肪酸を解説

アラキドン酸を摂り過ぎてしまう食事ってどんなもの?

アラキドン酸は脳を活性化させて、記憶力向上や認知症予防に効果があることが知られるようになり人気となったサプリメントです。
しかし食に恵まれた日本で暮らしている私たちには無理にサプリメントでアラキドン酸を補う必要はないということをご存知でしょうか。

わざわざお金を払って高価なサプリメントを購入・摂取しなくても、実は、栄養バランスの考えられた食事をとっている人であれば必要量を充分にまかなえているのです。

アラキドン酸は肉や魚といった動物性たんぱく質に含まれている、脂肪酸の一種です。
肉や魚が食卓にのぼることの多い食生活では、食事から摂取できる量で充分なのです。
アラキドン酸が不足しがちな人というのは、忙しさなどの理由で偏った食生活の人、野菜中心で動物性たんぱく質が不足している人です。
菜食中心でダイエットをしている人はアラキドン酸が不足している典型の人といえるでしょう。

普通に肉や魚を食事でとっている人がさらにアラキドン酸サプリなどで補うことは過剰摂取となることもあり、むしろ副作用が懸念されます。
アラキドン酸は脂肪酸の一種ですから、過剰摂取はドロドロ血液の原因となりえます。
動脈硬化を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞の原因となってしまったり、高血圧や肥満の要因にもなります。

アラキドン酸自体は脳の活性化に非常に効果を発揮するものですが、摂取量はほどほどに抑えたほうが良いでしょう。

どうしても食事では不足しがちな人はサプリメントを上手に取り入れてみてはいかがでしょうか。

トップに戻る