ARALab
オメガ脂肪酸を解説

アラキドン酸とオレイン酸はどう違う?

アラキドン酸同様に不飽和脂肪酸であり必須脂肪酸でもある物質にオレイン酸があります。
いずれも多少は体内で生成されるものですが、十分な量を維持していくためには体外から取入れていかなければなりません。
加齢と共にますます生成されなくなっていくので、健康的な生活を送るために不可欠な成分なのですが、明らかな違いがあります。
アラキドン酸に関してですが、リノール酸から体内で生成されて細胞膜を構成します。

リノール酸は主に動物性脂肪から補給する事ができます。
近年植物油製品に一般に使われるようになったので、大変身近な存在であり名前だけは知っているという人がほとんどです。
さらにアラキドン酸から記憶力・学習機能・身体成長・血圧機能・免疫力などを整えるホルモンが生成されていきますので、特に高齢者や乳幼児にオススメの成分でもあります。
急速な欧米化によって日常生活でアラキドン酸の摂取率が向上したものの、過剰摂取からくる新たな問題も発生しています。
豊富に補給したいのは山々なのですが、逆にとりすぎると深刻な副作用も引き起こしますので、扱いに注意が必要です。
オレイン酸は動物性脂肪以外に植物油からも補給する事ができます。

事実、オレイン酸の名称はオリーブに由来している事からもわかるように、オリーブから多く抽出する事ができる事に加えて、チョコレートやワインなどにも含まれています。
他にはナッツやキャノーラなどからも抽出する事ができます。
美肌効果に優れている事から化粧品にも普通に活用されています。

通常不飽和脂肪酸は酸化しにくいという利点を持ち合わせていますが、その中でもダントツでオレイン酸は酸化しにくいという特徴を持っています。
血中から悪玉菌と吸着して除去する働きがあり、成人病予防にも効果的として注目を浴びています。
このように同じ脂肪酸でありながら、アラキドン酸とオレイン酸は多々の相違点を持っていますので、両者を上手に組み合わせて食生活に活かしていければ、より健康的な生活を送る事ができます。

トップに戻る