ARALab
オメガ脂肪酸を解説

アラキドン酸を多く含む食品は?

自分の日々の生活の中で、どのような栄養素が不足しているのか、把握できているでしょうか。
忙しい日々を送っていると、毎日決まったパターンの食事内容になってしまい、ある一定の栄養素が抜けていたということも考えられます。

私たちの細胞に必要不可欠であるアラキドン酸ですが、みなさんは意識して摂取したことがあるでしょうか。
では、アラキドン酸が多く含まれている食品についてみていきましょう。

まず、アラキドン酸は、卵や肉類、魚介類等、私たちの家庭の食卓に日々並んでいるような物の中に多く含まれています。
いわゆる動物性脂肪と呼ばれている食品群です。
ですから、バランスの良い食生活を心がけ、三食しっかりと食べていれば、自然とアラキドン酸の摂取ができていると考えてよいかもしれません。
しかし、偏った食事内容だったり、ダイエットをしていて一日三食食べていない人等は、意識しておいたほうが良いといえるでしょう。

細かく見ていくと、例えば牛のレバーであれば800mg、牛肩赤身であれば700mg、鶏卵であれば1800mg含まれています。
肉や卵は食卓に並びやすい食材ですので摂りやすいとは思いますが、特に年配の方では、肉類等をあまり食べたくないと敬遠されている方も多いかもしれません。

私たちの細胞を作っている重要な栄養素ですから、不足することがないように、意識しながら摂取できるとよいですね。

トップに戻る