ARALab
オメガ脂肪酸を解説

アラキドン酸を摂ることの重要性

アラキドン酸は私たちの体にとって必要不可欠な物質ですが、どうして摂取しなくてはいけないのでしょうか。
アラキドン酸の性質から重要性を紐解いていきましょう。

アラキドン酸とは、不飽和脂肪酸の中の一つです。
肉や魚、卵に主に含まれている物質です。
細胞膜を形成してくれるのを助ける役割がありますので、体を維持するためには摂取しなくてはいけない栄養素となります。

また、大人だけでなく、実はアラキドン酸が必要なのは特に乳幼児であり、脳をはじめとした様々な体内の臓器の形成にはなくてはならないものです。
乳幼児の体の状態では、アラキドン酸を充分に生成することが大人ほど簡単なことではないので、母乳やミルク等からうまく補ってあげることが大事なのです。

アラキドン酸には免疫機能を調整してくれる効果があります。
また、学習能力、記憶力を増大させてくれる力があります。
高血圧を下げ、コレステロールを下げる働きもしてくれます。

肉は脂肪になるからと避けている人もいるかもしれませんが、このように考えると、コレステロールを下げる働きをしてくれていることが分かると思います。

このように様々な大切な役割を担ってくれているのがアラキドン酸なのです。
肉や魚は普段の食生活の中で充分に摂ることは可能だと思いますが、野菜中心の食生活になってしまっているという人は、アラキドン酸を摂り入れる食生活を意識していきましょう。

トップに戻る