ARALab
オメガ脂肪酸を解説

赤ちゃんのうちからアラキドン酸!

テレビなどでも話題のアラキドン酸ですが、食品やサプリメントで補うものだと思っていませんか。
実はこのアラキドン酸は、赤ちゃんの命をつないでいる母乳に多く含まれているのです。

母乳中に多く含まれていると言うことは、母乳育児で育った子供は、必然的に脳神経の発達が良いことになりますし、自閉症になる子も少ないことになります。

母乳と言っても、お母さんにとって嬉しい情報として、この母乳に含まれるアラキドン酸の量と言うのが、お母さんの食事内容や体調には一切関係ないと言うのです。
いつでも一定量のアラキドン酸を含んでいると言うのは嬉しいですよね。
赤ちゃんはまだ食事を摂ることができないのですから、母乳で大切な栄養源を得ることができなくては困るわけです。

しかし、お母さんによっては母乳が出ないで苦しんでいる人もいます。
そんな時は、アラキドン酸が含まれている粉ミルクを使ってみてください。
粉ミルクの種類によってはアラキドン酸だけでなくて、ラクトフェリンやDHAなど他の栄養素が含まれていることもあるので注目ですね。

粉ミルクの値段にもよりますし、赤ちゃんの成長に合わせた生活パターンで粉ミルクの種類を選ぶと良いのではないでしょうか。
母乳育児で育てていても疲れてしまうこともあると思うので、そんな時は粉ミルクを使ってみても良いかもしれませんね。
アラキドン酸は含まれているので安心ですね。

トップに戻る