ARALab
オメガ脂肪酸を解説

野菜中心でもアラキドン酸を意識した食生活を

アラキドン酸は、肉類に多く含まれる必須アミノ酸のひとつです。
肉や肉の加工品、脂肪分などを食べる機会が多い現代では通常の食事をしていれば不足することはない成分だと言われていますが、近年のヘルシー志向やベジタリアン志向、さらに極端なダイエットにより、長期的に見るとアラキドン酸が不足していると考えられる人が少しずつ増えてくるようになりました。

毎日野菜中心の食生活を心がけることは健康にとっても美容にとっても大変素晴らしいことなのですが、それが極端に肉類を排除した食事内容だったり、あまりにも長期に渡って続けられると、必須アミノ酸が体内で不足してしまうという事態が考えられます。
それではもし、体内のアラキドン酸が不足するとどんな不具合が起こるのでしょうか。

アラキドン酸は脳の働きを活性化する役割を持っているため、これが不足すると物忘れや自律神経の乱れが起こり、記憶力も低下してしまいます。
さらに不足すると、やる気や向上心も奪われてしまいます。
脳だけでなく身体的にも問題なのが、免疫力の低下を引き起こしてしまうことです。

肉や卵でアラキドン酸を補給するとなるとカロリーやコレステロール、脂質が気になりますが、アラキドン酸は、脳や身体の健康に欠かせない成分です。
野菜中心の食事にプラスして、サプリメントで補給するなどしながら適切なアラキドン酸摂取を心がけてください。

トップに戻る