ARALab
オメガ脂肪酸を解説

賢い子どもに育てたいならアラキドン酸を!

子どもの脳の発達に欠かすことができないのが必須脂肪酸の1つであるアラキドン酸です。

アラキドン酸は、生後1歳までは体内で合成する力が弱いため、外部から摂取する必要があります。
1歳までの赤ちゃんがアラキドン酸を定期的に摂取する方法の1つとして粉ミルクを使うことがあります。
赤ちゃんは生後6か月に離乳食を食べるまでは、粉ミルクや母乳を飲んで育ちます。
赤ちゃんが1歳になるまでに脳は大人の70%の重さにまで発達し、脳の情報伝達を促す機能も2歳までに進んでいきます。
この時期にアラキドン酸が入っている粉ミルクを飲むことによって、脳神経の発達が目覚ましくなり、記憶や言語能力などの機能を高めてくれます。
アラキドン酸は、肉や卵などの動物性食品に含まれている脂質なのですが、体の中では脳の細胞膜として構成されており、食品として食べたものを材料にして体内で合成されるものです。
1歳まではこの合成力が弱いため、粉ミルクや母乳が大切な栄養成分となるのです。

よって、粉ミルクを購入する時には、アラキドン酸が配合されているものを選ぶことが大切です。
アラキドン酸が入っているミルクを飲んだ赤ちゃんは、記憶力や問題解決能力などの精神発達指数が高いことが研究結果に出ています。

アラキドン酸が不足すると、身長や体重が増加しにくくなります。
賢く健康な子どもを育てるために、アラキドン酸の粉ミルクを利用しましょう。

トップに戻る