ARALab
オメガ脂肪酸を解説

粉ミルクはアラキドン酸入りものを選ぼう

赤ちゃんの粉ミルクを選ぶ時は、何を重視して選んでいますか?粉ミルクは赤ちゃんの成長に重要な役割を担っています。
赤ちゃんの脳は、1歳までに大人の7割程度の重さまで成長をします。
この時期に、赤ちゃんの成長の源となる粉ミルクは、とても大切なものなのです。

粉ミルクを選ぶときは、アラキドン酸が入っているものを選びましょう。
なぜなら、アラキドン酸が入っている粉ミルクを飲んだ赤ちゃんは、記憶力や言語能力などの発達レベルが高いことが発表されているからです。

アラキドン酸は、母乳にも含まれている脂質で、肉や卵、魚などの食品に多く入っているものです。
アラキドン酸が脳に占める割合は、DHAの次に多いと言われており、アラキドン酸をしっかりと摂取することによって、脳神経のつながりが円滑に働くことになります。

アラキドン酸は、肝臓でリノール酸を原料として作ることができます。
赤ちゃんも成人と同様に体内でアラキドン酸を作ることはできますが、その量はとても少なく、1歳までは粉ミルクで摂取することが大切であるといわれています。
アラキドン酸配合の粉ミルクによって、身長や体重が増加し、健康な赤ちゃんを育てることができます。
よって、粉ミルクを選ぶ時は、アラキドン酸入りのものを選ぶことが大切です。

また、アラキドン酸に加えて、DHAが配合されているものを選ぶと、さらに精神発達を促進できるという結果が出ているため、2つの成分が入った粉ミルクを購入すると良いでしょう。

トップに戻る