ARALab
オメガ脂肪酸を解説

アラキドン酸が筋肉増強に必要な理由

アルツハイマーや認知症の予防に効果があると大変注目をされているアラキドン酸ですが、実は筋肉を作るために一役買っているのをご存知でしょうか。

激しい運動などをして、通常よりも筋肉に負荷がかかると、後に筋肉痛を引き起こします。
実は、この筋肉痛という筋肉の炎症を起こしているのは、アラキドン酸なのです。
筋肉は、筋肉に負荷を与えて使うことにより、炎症を起こします。
筋肉に強く負荷がかかると、人間の体内のあらゆる細胞に存在しているアラキドン酸が、細胞から解放され、プロスタグランジンという物質を作り出します。
このプロスタグランジンが、痛みや炎症の元なのです。
そして、炎症が起こると、たんぱく質を猛烈に生成します。
痛みや炎症を改善して修復するためです。
そして、そのたんぱく質の生成こそが、新しい筋肉をつくったり、筋肉を強めたりする役目をするのです。

したがって筋肉増強には、筋肉の炎症が必要不可欠であります。
また、その炎症を起こすためには、アラキドン酸が必要不可欠であるということなのです。
アラキドン酸は、筋肉増強のためには、とても重要な成分です。

筋力トレーニングをする際には、むやみやたらと筋力トレーニングをしても無意味だということです。
効率良く、筋力をアップさせるためには、筋力トレーニングをする際には、アラキドン酸のサプリメントも併せて、服用すると、大変効果がありますよ。

トップに戻る