ARALab
オメガ脂肪酸を解説

赤ちゃんにはアラキドン酸が必要不可欠

産まれたばかりの赤ちゃんが口にできるのは、母乳かミルクのみです。
母乳というのは偉大で、赤ちゃんが成長するために必要な栄養素がぎゅっと詰まっているのです。
その母乳の中に含まれる成分にアラキドン酸があります。
この成分、乳児のころにぐんぐん成長発達する脳に影響をおよぼす物質なのです。

因みに、妊娠後期から1歳までの間に赤ちゃんの脳は大人の脳の70%まで発達することが分かっています。
この脳の成長発達に関わるアラキドン酸を赤ちゃんは自分で作る機能が十分備わっていません。
そのためにアラキドン酸を補ってあげることが必要だと考えられています。
世の中、母乳がどんどん出てミルクが必要ないお母さんばかりではありません。
そんな人はミルクに頼るのですが、そのミルクにアラキドン酸が含まれているか確認して購入している人は少ないのではないでしょうか。
ミルクで育てるお母さんならばなおさら、DHAとともに必須脂肪酸としてアラキドン酸のことを覚えておきたいものです。
事実、世界中でアラキドン酸を含むことをうたったミルクが発売されています。

では、母乳で育てているお母さん自身もアラキドン酸を多くとる必要があるのでしょうか。
アラキドン酸は肉、魚、卵などに含まれる栄養素のため、現代の食生活ではそれほど不足しているものではないようです。

むしろ、肉、魚、卵などのとり過ぎによる動脈硬化などの方が心配されていますので、栄養バランスを考えた食事をとっていれば、赤ちゃんへの影響はないと考えられています。

トップに戻る